傷跡が残りにくい

先生

刺青は、皮膚の奥まで染色液が浸透しているため、一度入れたら洗っても、時間が経っても消えません。とこどが、就職活動や結婚を機に後から刺青を取る必要が出てくることもあります。そんなときには、レーザーが有効です。皮膚にレーザーを照射し、刺青に反応させます。レーザーは黒に反応する特性があるので、何もない部分はそのままで、刺青の部分だけが薄く削り取られます。レーザーでの除去が開発される前は、切除が必要でしたが、以前と比較すると負担が楽になっています。除去の程度は深さにもよりますが、深くなければ傷跡をほとんど残さず除去できます。レーザーでの除去は、専門のサロンやクリニックで行えます。診察やカウンセリングが無料のところもあります。ヒカリの魔法で美肌が甦ると言えるでしょう。

レーザーでの除去は、周りの皮膚を傷つけずに済むことが大きなメリットです。浅い刺青なら、ほとんど傷跡が残らないように除去することも可能です。面積が少なければ1、2回で終了することもあり、切開に比べて費用が安く済むのもメリットです。大きな刺青は、一度にすべてを施術できないので、分割して施術を行います。それなりに時間がかかることもありますので、就職活動や結婚など期日があるイベントの場合には、早めに施術スケジュールを立てて除去に取りかかることが重要です。サロンやクリニックでは、レーザーを照射した後のスキンケアについてもしっかりと指導してくれますので、安心です。日に焼けないようにして、感染の予防と保湿を心がけます。