見た目年齢を上げる要因

女性

早めの改善策で予防

見た目年齢を実年齢よりも高く見せてしまう要因として、「しわ」や「たるみ」が挙げられます。年齢を重ねるにつれて、肌弾力が低下し深層筋や表情筋も衰え始めます。更に、普段の生活において姿勢が悪い(猫背など)ことも起因していると言われています。たるみがしわを形成するケースも多く、この場合は深くはっきりとしたしわが出来る傾向にあります。たるみから生じるしわに悩んでいる場合、たるみを改善することで予防に繋がると言うメリットが得られます。たるみが出来る主な原因には、真皮層におけるエラスチンやコラーゲンの減少・顔の筋力低下・皮下脂肪の増加が考えられています。これらの原因を改善するには、エラスチンやコラーゲンの保守、マッサージやエクササイズ、専門のクリニックによる治療が効果的です。

発生原因や特徴

加齢の影響から誰にでも生じる減少ではあるものの、「しわ」や「たるみ」が出来やすい人には、以下の特徴が挙げられます。先ず、皮膚がたるみやすくなることから、体重の増減が激しい人です。そして、長時間紫外線を浴びている人も、皮膚には負担が大きくその分老化が進行するゆえ、注意が促されています。個別に見ていくと、双方に原因や種類が複数存在することがわかります。しわの場合は、加齢・乾燥・紫外線が代表的な原因に挙げられ、食生活やライフスタイル、更年期・出産後なども発生に起因していると言われています。種類としては、小じわ・大じわ(構造じわ)・表情じわの3種類があります。たるみの場合は、真皮の老化・脂肪の下垂・筋肉の衰え・たるみから発生するくぼみが4大原因と言われています。たるみが生じると、フェイスラインが変化したり、ほうれい線やマリオネットラインが作られる原因にもなり得るといった特徴を有しています。